お江戸の二八そば屋「時そば〜夜鳴き蕎麦」のお噺。

時そば
時間を知らせる物。時計ということになりまするが昔はよほどの大家でなければそのようなものはありませぬでした。
なので庶民は「お日様が傾いてきたから何時くらいだろう」とか、はたまた「お腹がすいたから今何時くらいだろう」と
日々の生活を送っておりましてござりまする。
「何々屋さんが来たからお昼だね」となれば商売も板に付いてきたと言えるのでございまする。
その商売のひとつに「夜鳴きそば」というのがござりまする。
『時そば』という落語のお噺で。

二八蕎麦-夜鳴きそば屋台写真

夜鷹そばとも呼ばれた、屋台の二八そば屋。
冬の寒い夜、男が屋台にやって来ました。
やれ、看板が良いねとかあつらえが早い、割り箸が清潔で丼も良い物を使っている。
出汁が良いやらそばが細くて腰があって・・・と
歯の浮くようなお世辞をとうとうと並べ立てて
いざお勘定という段になって
「小銭は間違うといけねえ、手ェ出しねえ。
それ、一つ二つ三つ四つ五つ六つ七つ八つ、
今、何どきだい?」と問いかけまする。
「九ツで」と答えると
「とお、十一、十二・・・」
十六まで数えてすーっと行ってしまいましてござりまする。
これを端で見ていたぼーッとした男。
口八丁なところが気に入らねェってな感じでござりましたが
一文ごまかしていることに気がつきましてござりまする。
早速次の日の夜、真似てみようと思い、早い時刻にそば屋を捕まえましてござりまする。
ところがどっこい、そば屋が違いまするので当然ながら
出てくるおそばやお箸、丼等々何から何までがまるで違いまする。
ゆえにおべっかが通じませなんだ。
あげく、あまりに不味いので途中で喰うのを辞めてしまいましてござりまする。
お代を払う段になって昨夜の男と同じことをいたしまする。
「小銭は間違えるといけねえ。手を出しねえ。
それ、一つ二つ三つ四つ五つ六つ七つ八つ、
今、何どきだい?」
「四ツで」
「五つ六つ七つ八つ・・・」
冬の夜九ツ刻(ここのつどき)はおよそ子の刻、
今で謂うところの午前0時~2時でござりまする。
江戸時代の時刻は明け六ツから、およそ2時間ごとに
五四九八七、六五四九八七とくり返しまする。※江戸時代の時間時刻の図解
後の間抜け男が現れたのは四ツですから、夜の10時~0時。
あわてて2時間早く来すぎたばっかりに、都合8文も損をすることとなってしまいましてござりまする。

●夜鷹(よたか)そば
夜鷹とは、「野天営業」の街娼のことでござりまするが、
その夜鷹がよく食べたことからこの名がつきましてござりまする。
なので、本来は夜鷹の営業区域に屋台を出す夜泣きそば屋だけに限った
名称だったはずなのでござりました。
夜泣きそば(夜鷹)は一杯十六文と相場が決まっていて、俗に言う名前の二八そばは
二八の十六からきたとも、そば粉とつなぎの割合からとも諸説ござりまするが、
真相はいかがなものでござりましょう?
また寒い時期がやってまいりますでございます。
あったかいお蕎麦など、いかがでござりましょうか。