十月四日は十五夜「仲秋の名月〜芋名月」

十月に入り秋の風を感じるようになりましてございまする。
そして明日、十月四日の夜は「仲秋の名月」でございまする。

「芋名月」とも呼ばれまする。日本人がかつて里芋を主食としていた頃の名残とも伝えられておりまする。
それゆえに本来は、お団子をお供えするのではなく、里芋をお供えしておりました。
この時期の里芋は「ホクホク」して美味でございまする。秋の味覚でございまする。

十五夜

江戸時代は、船を浮かべ、澄んだ夜空で神々しく輝く十五夜の月をめでる船遊に江戸の人々は興じたそうでございまする。
なんとも風流でございまするな。
秋に収穫された里芋はもちろんのこと、やはりお月見と言えば「月見団子」は外せませぬ。
ギムレットも明日の夜は、ホクホクとした「里芋の煮っころがし」と「月見団子」を頂戴しながら「仲秋の名月」をめでさせて頂きまする。